Friday, December 23, 2011

12月22日 今後の釣行&エリオロカンダイタリアーナの食材産地

12月22日 今後の釣行について
いつもエリオフィッシングブログをご覧いただきありがとうございます。今後の釣行について、自分の見解を申し上げたいと思います。今年3月11日の東日本を襲った大震災と福島第一原子力発電所の事故により以降の釣行は自粛、それと同時に海洋汚染の状況を千葉県千倉の水産関係者とともに追ってきました。現在は国が定める暫定基準値よりは低い値ですが、自分が日頃釣行していた海域のほとんど全ての魚種から、第3者機関のゲルマニウム半導体γ線測定器による計測にて放射能が検出されております。主に放射性セシウム134、137。その他の核種については詳細検査を実施していないので不明ですが、放射性銀110mを沢山取り込んだ貝なども発見されている。

20年近くに及ぶ毎週の沖釣り釣行にて、自分の釣った魚は出来る限りストレスを与えないよう〆を施し保存にも気を使い、頭の先から尻尾(骨は出汁)まで、なるべく余すところなく調理をしてお客様への提供をし、そして自分でも食べてきました。当然殺生している訳ですから全部きれいに食べてあげるのは当たり前だと思って接してきたつもりです。しかし、どの海産物のどこの部位に、どのくらい、どのタイプの放射能が入っているか不明という事実がある以上、不安を抱えながらの食材は料理して提供する訳にはいきません。人体にどのような影響を及ぼすか分からない段階で安全とは到底言えないですし、万が一皆様や自分の健康が近い将来害された場合取り返しのつかないことになってしまいます。大切なお客様への安全、安心をお約束するのが私達の仕事の基本ですから。

今後、釣ってきた魚を検査機関に出し約3日以上かけて計測してもらった結果、検出されました、では、魚を廃棄処分=無駄な殺生=汚染拡散の悪循環になり、仮に不検出でも鮮度は低下してしまうので釣り魚の意味がなくなります。来年以降、引き続き状況分かり次第このブログで公開していきますが、基本的には安全が確認されるまで本当に残念ですが釣行を控えたいと思います。また汚染の確認されない海域への遠征釣行はこの限りではありませんので、釣行した際にはアップいたします。

エリオ フィッシング ブログ管理人 味方泰宏


12月現在エリオロカンダにおいて使用しております食材の産地についての詳細をアップいたします。生産者や卸しの皆様には大変なお手数とご協力をいただき、この場を借りて心より感謝申し上げます。

(野菜)
トマト全般(高知県高岡郡日高村山崎様から直送)、レタス類、茄子(愛媛県松山篠原様より)、ルコラ(岡山県倉敷市藤原ファームさん)、ズッキーニ宮崎・ハーブ全般(福岡市の村岡様より直送)、玉葱(北海道北見)ジャガイモ(北海道日高)、アンディーブ(ベルギー)、赤&黄パプリカ(オランダ)、ブロッコリー(USA)、トレビスレタス鹿児島(村岡様より)

(フルーツ)
カシス、木イチゴなどはUSA、イチゴ(北福岡あまおう)
(魚貝)
魚(千葉県千倉スズ市水産大野様より)放射能測定を第3者機関にて実施していただき、不検出及び1Bq/kg以下の物のみ仕入れ。現在は伊豆諸島近海物が中心。1Bq/kgからの詳細データを確認いたしておりますのでご来店の際にはお気軽にお問い合わせください
メカジキ大西洋(輸入冷凍品)アサリ、ムール(熊本県天草 西口様より)、ツブ・ホタテ(北海道)、スカンピ(ニュージーランド)、来年より山口県萩港より直送魚を開始する予定です。

(肉類)
牛(熊本菊池からの直送赤毛牛 稲藁は北九州&熊本産使用 現地確認済)、豚(宮崎県霧島)、雛鳥(USA)、仔牛(オーストラリア)、鴨(フランス)、仔羊(ニュージーランド&オーストラリア産)

(乳製品)
牛乳(北海道美瑛100%)、生クリーム(北海道)、チーズ全般(イタリア)

(生パスタ)
小麦粉(USA、カナダ産100%)

また妊婦さんとお子様には、軟水のクリスタルガイザーペットボトルを無償でご提供いたしております。その他の詳細につきましては、お気軽にお問い合わせください。

にほんブログ村 釣りブログへ

Monday, November 7, 2011

11月7日 北海道産仔羊 測定結果のご紹介

11月7日 北海道産仔羊(ゴーシュ羊牧場)の測定結果
Ge γ線スペクトロメーター使用による
かねてよりご提供いたしております北海道産サフォーク羊。生産者の方が同位体研究所に送り測定を実施。今回使う分の検査結果が出ましたので、ここでご紹介いたします。ゲルマニュウム半導体γ線スペクトロメーターにより、セシウム134及び137を最下限値1Bq/kgまで追い込みましたが、結果はND(不検出)。来週よりお客様への提供を開始いたします。

にほんブログ村 釣りブログへ

Tuesday, October 18, 2011

10月18日 スルメイカ(10月9日千葉県白浜沖で釣行分)の測定結果

10月18日 千葉県白浜沖 スルメイカの測定結果のご紹介

テュフラインランドジャパンの協力で ゲルマニウム半導体γ線スペクトロメーター使用の精密測定を実施。計測時間を長く施すことで、より詳細の数値まで追い込んでいただきました。
クリックで大きい画像になります
今回のスルメイカは身とゲソのみを測定:検出下限値はセシウム137で2,4Bq/kg、134で2,2Bq/kgまで追い込んでいただきました。結果は共にND(不検出)。釣ってきた残りのスルメイカは厳重に包装をして冷凍保存しておきましたので、解凍後キモと内臓を処理(除去)してフリットにしてお客様へ提供する予定です。今後も皆様の安心、安全を提供するため独自測定をしていく所存でございます。  

(追記)肝、内臓については次回測定の際にやる予定です。海の中は日々刻々と変わるので今後も採取するごとに継続して計測することが肝心。特にイカについては詳しく調査していきます。   

エリオ ロカンダ イタリアーナ 味方泰宏
にほんブログ村 釣りブログへ

Monday, October 10, 2011

10月9日 千葉県南房乙浜港 恵津丸 スルメイカ

10月9日 千葉県南房乙浜港 恵津丸 白浜沖スルメイカ
天候曇り 東~南東の風7m 真潮の込み 中潮 水温24,9℃
白浜沖でコンスタントに釣れているスルメイカを狙いに恵津丸より出船してきました。港から7マイル走ったところの船団に加わりスタート。直結9本で挑むと開始からポツポツとスルメがつき始めますが、群が小さいのか底ベタの一瞬のみの乗りで、連投しても空振りが目立ちます。西からの潮ですが南東より灘寄りに流れる込潮が早く、船を流していると直ぐ浅くなっていき反応の捕捉が難しい展開。しかし深場を得意とする船長のマメな潮回りの甲斐あって、途中6杯、7杯と数が付き順調に数を伸ばすことに成功しました。
結局11時過ぎの沖上がりには40杯を数えるスルメイカをクーラーに収め帰港の途へ。釣れたスルメイカですが、TUV Rheinland 社に送り現在放射能測定を実施しており、結果が分かり次第こちらで公開いたします。1Bq/kgまで追いつめる測定の為、若干の時間を要しますことをご了承ください。
にほんブログ村 釣りブログへ

Tuesday, September 20, 2011

9月19日 エリオ ロカンダ イタリアーナ 食材産地のご紹介です

9月19日 現在の食材産地紹介

.
現在エリオロカンダにおいて使用しております食材の産地についての詳細をアップいたします。生産者や卸しの皆様には大変なお手数とご協力をいただき、この場を借りて心より感謝申し上げます。

(野菜)
トマト全般(新潟県妙高高原農家の白澤様より直送、10月は高知の農家から直送を再開)、サニーレタス、グリーンリーフ葉物全般(福岡市の村岡様より直送)、玉葱(北海道)、ハーブ類(静岡県浜松浜名湖手前の鈴木農園様、栽培ハウス内10か所以上に及ぶ複数回計測を実施。地上1cmの線量MAX0、25μSv/h・ α、β遮断でγのみで0.1μSv/h以下 計測機種S.E international Inspector EXP+使用)、茄子(愛媛県の農家篠原様より直送)、ズッキーニ(長野県諏訪産)、ジャガイモ(北海道)、アンディーブ(ベルギー)、赤&黄パプリカ(オランダ)、ブロッコリー・トレビスレタス(USA)

(フルーツ)
カシス、木イチゴなどはUSA、現在国産品は使用しておりません。

(魚貝)
魚(千葉県千倉スズ市水産大野様より)放射能測定を実施していただき、まったく検出されなかったモノのみ仕入れ。1Bq/kgからの詳細データを確認いたしております、メカジキ(輸入冷凍品)
アサリ、ムール、ワタリガニ(熊本県天草 西口様より)、ツブ・ホタテ(北海道)、スカンピ(ニュージーランド)など

(肉類)
牛(熊本からの直送赤毛牛 稲藁は北九州&熊本産使用 現地確認済)、豚(宮崎県)、雛鳥(USA)、仔牛(オーストラリア)、鴨(フランス)、仔羊(北海道サフォーク、ニュージーランド&オーストラリア産)
(乳製品)
牛乳(北海道美瑛100%)、生クリーム(北海道)、チーズ全般(イタリア)

(生パスタ)
小麦粉(USA、カナダ産100%)


その他の詳細につきましては、お気軽にお問い合わせください。

Monday, August 29, 2011

8月28日 三浦半島剣崎間口港 強丸 ワラサ

8月28日 三浦半島剣崎間口港 強丸 ワラサ
天候 晴れ 東北東の風弱く 凪 大潮 水温25℃
間口港の強丸よりワラサ釣りに行ってきました。魚体は保田、勝山の定置に入っているものと同じという情報&検証のもとでの釣行です。午前5時半、剣崎恒例の一斉ダッシュによりほとんどの僚船は沖目ポイントに向かう中、自船は手前岸寄りの場所にて約25隻の船団に加わりスタートとなります。ハリス8号4ヒロに沖アミ一匹掛けで投入すると棚をとった瞬間に早速アタリが到来。適度にドラグを効かせ浮かせに成功したのは3、5kのワラサで無事ネットイン。背中合わせで竿を出していたレセプションの藤井さんも同級をゲットしてまずは一安心。
後続を狙えとばかりに素早い手返しをしますが、しばらく空振り続きの沈黙となってしまう。そこで船を旋回させ流し変えた途端再び竿が引き込まれ同級の追釣を達成すると、群が船下を通過していたのか同船した桑田君や釣友の周東さん、藤井さんにも次々とワラサからの魚信が訪れ入れ食いの開始!
と、思われましたが・・・藤井さんは2本目をゲットするも、他の2人は残念ながらバラシてしまい、本日の時合い終了!?ゴングが鳴り響き以降はまさかの音沙汰無しへと突入。。泣
痺れを切らした船長の計らいで、良型お土産アジを多数釣らせてもらったあと再び船団に加わりワラサを狙いましたが、沈黙を破ることは出来ず11時半前、諦めて沖を後にし帰港の途へ就きました。本日沖目のポイントのほうが食いは良かったそうです。後の祭りですが 笑
結果:ワラサ計4本 外道アジ多数
船長、お世話になりました!!
今後の釣行は調査と事実に基づき行動していく所存です。
震災前の海が恋しい・・・
にほんブログ村 釣りブログへ

Monday, August 22, 2011

8月21日 沼津西浦久料 魚磯丸 駿河湾メジ&カツオ

8月21日 沼津西浦久料 魚磯丸 駿河湾メジ&カツオ
震災後、復活初戦!!
天候曇り時々小雨 北後南西の風 凪 小潮 水温26℃
東北関東大震災で被災された方々へ
お亡くなりになられました方々のご冥福をお祈り申しあげますとともに、被災された皆様へ心よりお見舞い申し上げます。
video
群発見!
3月11日の大震災以来ご無沙汰していた沖釣り。過去の経験と信頼のおける船頭さんからの情報に基づき、現在釣れているのは紀伊半島~遠州灘~駿河湾へ回遊する上りガツオ&メジとのことで、急遽魚磯丸より出船してきました。小雨が舞う中4時半前に河岸払いをし目指すは行程約2時間の駿河湾中央に位置するポイント石花海。海域に差し掛かると北風がやや強い影響で海面がざわついており群の捕捉が難しそう・・
しばらく僚船とともに右往左往してナブラを探していると鳥山を発見したらしく、突然エンジン全開で現場に向かい全船で包囲するように群の移動方向先に船を停止させ合図により仕掛けを投入。ハリス30号1ヒロ半、インターフック15号の針に本ガツオ狙いに的を絞るためオキアミを一匹掛けにして海中に送り込む。棚は25~20mとのことなので25mから誘い始め21mラインにきた瞬間、カツオが捕食してる感覚を感じとったあとズンッ!と竿が入りやり取り開始、しましたが難なく上がったカツオは1kの小型。瞬時に移動する群により、一流し一投の旋回を繰り返す忙しい釣りの中、3投目で強く締めたドラグを勢いよく出していくアタリが訪れ応戦後に無事ネットイン。
下船後検量6、5kオーバーの本ガツオゲットで丸々太った魚体がとても美味しそうです。風が収まり海が凪いで来ると容易に跳ね群や鳥山を発見できるようになりましたが、意に反して食い渋りに突入してしまい難しい展開へと発展。凄い数のキメジや本ガツオなどが船の前でバシャバシャと跳ねますが、なかなか餌には食って来ず厳しい状況・・・しかし諦めずに誘い続けた甲斐があって3本の追釣を果たすこととなり、どれも4k平均の良型カツオで大満足の結果にて沖上がりを向かえることができました。同行したS君は最後の最後でキメジをゲットでき坊主を免れたのが嬉しかったそうです。
結果:本ガツオ5本 外道無し
今後も精一杯の情報収集に努め、安全で鮮度抜群の釣り魚を提供する予定です。頭の先から骨まで安心して食べ尽くせる海の幸を。。。大自然からいただける恵みなので、無駄になる殺生は慎みたいと強く思っております。
にほんブログ村 釣りブログへ

Friday, June 24, 2011

6月5日 岩手県陸前高田市へ

6月5日 陸前高田広田小学校にて
エリオ ロカンダの料理をご提供してきました
今後も復興支援を継続していきます!

にほんブログ村 釣りブログへ

Saturday, May 21, 2011

5月21日 レストランで提供している食材の産地

5月21日 エリオロカンダで提供している食材の産地についてのご紹介です
久しぶりの更新となってしまいました。今回は釣りではなく、お客様よりのご要望にお答えして食材の産地についての詳細をアップいたします。生産者や卸しの皆様にご協力いただき厳選したモノを取り揃えております。

(野菜)
トマト全般(高知県山崎様より直送)、サニーレタス、グリーンリーフ葉物全般(熊本県産で福岡市の村岡様より直送)、玉葱(北海道)、ハーブ類(愛知県、一部を静岡県)、茄子・モロッコインゲン(福岡)、ズッキーニ(宮崎)、ジャガイモ(鹿児島)、アンディーブ(ベルギー)、赤&黄パプリカ(韓国)、ホワイトアスパラ(ペルー)、ブロッコリー・トレビスレタス(USA)
(フルーツ)
イチゴ(佐賀県)、その他はUSA、ニュージーランド、フィリピンなど
(魚貝)
魚(千葉県千倉スズ市水産大野様より)放射能測定を実施していただき、まったく検出されなかったモノのみ仕入れ。1Bq/kgからの詳細データを確認いたしております。
アサリ(愛知、熊本県)、ムール(韓国)、ツブ(北海道)、スカンピ(ニュージーランド)など
(肉類)
牛(熊本からの直送赤毛牛)、豚(鹿児島県霧島)、雛鳥(USA)、仔牛(オーストラリア)、鴨(フランス)
(乳製品)
牛乳(北海道美瑛100%)、生クリーム(北海道)、チーズ全般(イタリア)


その他の詳細につきましては、お気軽にお問い合わせください。

にほんブログ村 釣りブログへ

Monday, April 4, 2011

4月4日 東日本大震災 今後の心構え

フィッシングブログをご愛読の皆様へ

このたびの東日本大震災では、多くの被害、混乱が起こり、東京でも想像を超えた状況となってしまいました。

発生直後には、安全最優先のため、当エリオ ロカンダ イタリアーナも数日間のお休みをいただき、お客様にはご不便をおかけいたしましたことをお詫び申し上げます。

そして今、被災地の復興、また我々自身はどう過ごしていけばよいのか、私たちは「食」を提供するものとして、出来る限りの使命を果たそうと考えております。

私達スタッフは、あらゆる情報を複合的に判断しながら、安全な水、安心して口にできる食材を確保、入手しています。おかげさまで、これまでのお付き合いの中から協力的に手をさしのべてくださる方々も多く、感謝の念に堪えません。日々、弊社のネットワークを最大限駆使して、食材と最新情報を集めております。

お客さまのご要望のありますときには、安心・安全に召し上がっていただけるものをご提供できるよう、整えております。どうぞ、何でもお気軽にご相談くださいませ。

被災された方々、避難生活を余技なくされている方々に心からお見舞いを申し上げますとともに、この震災を我々がみんなで乗り越えていくという意識を持って、私たちは東京で出来る限りのことをがんばってまいります所存です。

また今後の釣行に対しては、状況が落ち着き次第再開する予定でございますので重ねてよろしくお願いいたします。

エリオフィッシングブログ 味方泰宏
にほんブログ村 釣りブログへ