Monday, August 22, 2011

8月21日 沼津西浦久料 魚磯丸 駿河湾メジ&カツオ

8月21日 沼津西浦久料 魚磯丸 駿河湾メジ&カツオ
震災後、復活初戦!!
天候曇り時々小雨 北後南西の風 凪 小潮 水温26℃
東北関東大震災で被災された方々へ
お亡くなりになられました方々のご冥福をお祈り申しあげますとともに、被災された皆様へ心よりお見舞い申し上げます。
video
群発見!
3月11日の大震災以来ご無沙汰していた沖釣り。過去の経験と信頼のおける船頭さんからの情報に基づき、現在釣れているのは紀伊半島~遠州灘~駿河湾へ回遊する上りガツオ&メジとのことで、急遽魚磯丸より出船してきました。小雨が舞う中4時半前に河岸払いをし目指すは行程約2時間の駿河湾中央に位置するポイント石花海。海域に差し掛かると北風がやや強い影響で海面がざわついており群の捕捉が難しそう・・
しばらく僚船とともに右往左往してナブラを探していると鳥山を発見したらしく、突然エンジン全開で現場に向かい全船で包囲するように群の移動方向先に船を停止させ合図により仕掛けを投入。ハリス30号1ヒロ半、インターフック15号の針に本ガツオ狙いに的を絞るためオキアミを一匹掛けにして海中に送り込む。棚は25~20mとのことなので25mから誘い始め21mラインにきた瞬間、カツオが捕食してる感覚を感じとったあとズンッ!と竿が入りやり取り開始、しましたが難なく上がったカツオは1kの小型。瞬時に移動する群により、一流し一投の旋回を繰り返す忙しい釣りの中、3投目で強く締めたドラグを勢いよく出していくアタリが訪れ応戦後に無事ネットイン。
下船後検量6、5kオーバーの本ガツオゲットで丸々太った魚体がとても美味しそうです。風が収まり海が凪いで来ると容易に跳ね群や鳥山を発見できるようになりましたが、意に反して食い渋りに突入してしまい難しい展開へと発展。凄い数のキメジや本ガツオなどが船の前でバシャバシャと跳ねますが、なかなか餌には食って来ず厳しい状況・・・しかし諦めずに誘い続けた甲斐があって3本の追釣を果たすこととなり、どれも4k平均の良型カツオで大満足の結果にて沖上がりを向かえることができました。同行したS君は最後の最後でキメジをゲットでき坊主を免れたのが嬉しかったそうです。
結果:本ガツオ5本 外道無し
今後も精一杯の情報収集に努め、安全で鮮度抜群の釣り魚を提供する予定です。頭の先から骨まで安心して食べ尽くせる海の幸を。。。大自然からいただける恵みなので、無駄になる殺生は慎みたいと強く思っております。
にほんブログ村 釣りブログへ

2 Comments:

Anonymous たぁきぃ said...

待ってました!やっと始動ですね。まるまる太ったカツオいいですね!相模湾にきたら平塚から狙います。今週は25日に剣崎方面にワラサ狙いに行く予定です。

12:36 AM  
Blogger Yasuhiro Mikata said...

お久しぶりです。
ワラサ頑張ってくださいね!
海洋汚染状況が分かったらまた別枠でお知らせいたします。

2:52 PM  

Post a Comment

<< Home