Tuesday, December 29, 2009

12月27、28日 新島 納竿シマアジ 若郷港寛栄丸

12月27,28日 伊豆諸島新島 寛栄丸 シマアジ狙い
天候晴れ&雨 北東~西南西の風 凪 中潮 水温17,6℃

今年の納竿は、前回もお世話になった新島若郷港の寛栄丸にてシマアジを狙いに行ってきました。

27日の朝に新島へ到着すると即準備を整え出船。ポイントに到着し仕掛けを投入すると、早くも入れ食いのスタート!大イサキ、カンパチ、石鯛、メジナなどが休む暇も無く竿を絞り込み大きな樽は直ぐに一杯になります。

しかし意に反して良型シマアジが釣れないので、場所を小移動してマダイを専門に狙うことに。船長に指示された仕掛けを作成して投入すると、真鯛が面白いように釣れ上がります。型は1k級主体ながらも早々にツ抜けを達成できお土産は確保。

船長はそれを見計らうと最初の場所へ船を戻し、本命シマアジに的を絞ります。(因みに仕掛けは6号1ヒロ半2本空針にオキアミの指し餌で挑む)潮がやや早めに流れてる状況に期待は持てると思い、積極的に誘い早い道具の入れ替えを心掛けてると、外道とは違う強烈なアタリが到来。ドラグを効かせながらゆっくりとリールを巻き上げ慎重にやり取り。やがてビシが見えるとその下にキラリと輝く大きな魚体を確認!紛れもなく本命シマアジの登場でフィニッシュは船長の差し出すタモ網の中へ無事収まりガッツポーズ!!

続く2投目も同様にシマアジからのラブコールがあり、時合いの到来にボルテージも上がりまくりです。すると今度は竿を根元からひん曲げる一際強いアタリが襲いリーディングを開始。一気に25mも糸を引き出した大物を制するため、一進一退の攻防を繰り広げる。やっとの思いで5m巻くと更に10m引き出され残り7mでまた10m走り出すを繰り返すこと5分、ようやく大きな魚体が見えてきました。そしてビシを掴みハリスを手繰ると、1mに近い巨大真鯛が水面に横たわり、船長のアシストで無事船上へ。

血抜き後検量6,5kの真鯛が今年の締めくくりに大きな花を飾ってくれました!その後も入れ食いは続き多種多様な魚を釣り上げることに成功でき新島の凄さを見せつけられます。

続く2日目は生憎の雨でしたが、真鯛、巨大イサキ、石鯛などが沢山釣れ続き今年度の納竿釣行は、一番の大漁で幕を閉じ大満足で新島を後にしました。寛栄丸船長にはこの場を借りて感謝を申し上げると同時に、温かみのある接客で最高のおもてなしをしてくださった奥様に御礼申し上げます。本当にありがとうございました!

結果:シマアジ4、真鯛28、イサキ多数、メジナ多数(ほとんどリリース)石鯛5、その

今年1年、エリオフィッシング ブログをご覧になっていただけた皆様へ、心より御礼申し上げます。ありがとうございました。また来年も頑張って釣行いたしますのでよろしくお願いいたします。新年1月2、3日と八丈島釣行で幕開けの予定ですので乞うご期待ください!

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

2 Comments:

Blogger Davide said...

ミカタ様

本当に綺麗な写真で御座います

小生とルータと母はエリオの美味しい食べ物と皆様の親切さと明るさを悲しいで御座います

よいお年を

ダヴィデ

9:55 PM  
Blogger Yasuhiro Mikata said...

ダヴィデさん

昨年中は大変お世話になりました。
今年も変わらぬご愛顧のほどをよろしくお願いいたします。
ご来店お待ちしております!

味方

3:14 PM  

Post a Comment

<< Home